荷造りに必要な物

引っ越しをする際に必ず行うのが荷造りです。荷造りをしなければ引っ越すことはできませんので、これは早めにしておく必要があります。一日あれば大丈夫と考えていても、荷物量が多ければ一日では済みません。結局当日までかかって引っ越しの作業員に迷惑をかけるなんてこともあるので、早めに荷造りを終えておきましょう。ここでは荷造りに必要な物について紹介します。まずはダンボールとガムテープ。これらは荷造りをする上で必ず必要になります。引っ越し業者から段ボールやガムテープをもらえるところもありますので、その点をチェックしておきましょう。次に新聞紙や緩衝材。お皿などのガラスや陶器の物をしまう際は必ずどちらかに包んでしまいましょう。新居に持っていく際にちょっとした衝撃で割れる恐れもあります。次にマジック。マジックはダンボールに何を入れたかを書いておくのに使います。名前を書いておくことで作業員も慎重に取り扱うので、良い目印にもなります。また新居に行った際にどこにダンボールを置くかもわかりやすくなります。最後に布団袋と圧縮袋。布団類やこたつ布団などはそのままの状態だとかなり幅を取ります。その分他の荷物が入りづらくなるので、引っ越す前に圧縮しておきましょう。また布団を布団袋に入れておけば汚れがつくこともありませんので、新居でそのまま使えますよ。必要な物も多いので、引っ越す前に準備しておきましょう。